通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

自分が本当にやりたいことは…

こんばんわ。
実験のレポートを書かなければいけないはずなのに、なぜかぶろぐを書いているしゃわーずです。ちなみに、レポートの提出日は明後日の12時。

前回より日が開いてしまいましたが、今回も文化祭で見てきた演劇の雑感の続き。てか、こういうものを見るともろに影響を受けやすい人間なので…。


「それが、あなたの本当にやりたいことなの?」
演劇で何回か出てきた台詞です。
大学受験を前にして、何だか奇妙な相談をいっぱいされる主人公。
そんな主人公が「私、受験生ですから」と言い切ると、一人の女が出てきて、こう言います。

去年、俺は大学を受験しました。
現在は工学部の応用化学科(正確にはこれではありませんが、正式名称を書いてしまうと、うちの大学がばれてしまうので勘弁してください)という所に通っています。

確かに、高校時代の俺は化学得意だったし、実際今でも好きですし、面白いと思います。ただ、正直、この道で合っているのかなあ…という疑念がぬぐいきれないのはどうしてなのだろうか。

俺、興味のある分野は比較的広く、親は俺が応用化学科に進むことを予想していなかったようです。てっきり情報とか経済とか法科とか政治とか…。どちらかというと文系に近い方を予測していたのでしょう。社会は異常に強いですからね。まあ、情報系はパソコン使っているの好きだから、のように思われているからですね。

受験したのがそもそもの間違い?かというと、さすがにそれは思いません。俺が当時やりたいと思っていたことは、化学の専門知識がないとなかなか難しいことであるから、それを得るために受験をした、そのように考えています。でも、今になって、化学の方向に進んだのが自分には合っていないとなると結構深刻ですね。当時の自分はこれだと決めてしまったわけですから。まあ、もう少し、幅広くやりたいと願うのは俺だけでしょうか。

ところで、初級シスアドを来年の春に受ける予定。
正直、この資格、応用化学とは何にも関係のない資格です。情報処理系の資格なんですよね。そんな資格を受けようとしているのも、やっぱり迷いがあるからかもしれない。
最近読んだ本にはやたら経済学の本が多かったりするし…。
てか、こんなサイトを作っている時点でねぇ…。一応小説サイトなんですが、うちの学科あたりになると、レポートとか以外ではモノを書くことがないですから。

正直、俺が本当にやりたかったことが何なのかは分かりません。
ただ、まあ、あっちもこっちも手を出しているとどっちも中途半端になってしまうのですが、それでも、興味を失っていないうちは色々なことにチャレンジしたいな、とは考えています。
スポンサーサイト
別窓 | ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<電車に乗る。 | 通り雨 | テレビと流行と言葉>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。