通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

中山競馬場臨時列車に乗る その1

今日昼間、たまたま武蔵野線に乗ったのですが、その時の駅の電光掲示板を見ると

各停 15:36 府中本町
各停 15:41 新松戸

ん?新松戸行き?

武蔵野線の新松戸行きというのは通常設定されていない電車です。ましてや日中など基本的に全て府中本町行き。

なのになぜ?

思い当たったのが中山競馬場臨時列車
すなわち競馬臨ということです。


中山競馬場は武蔵野線の船橋法典駅が最寄り駅となっていて、競馬が開催される時のみ競馬場口が開きます。
今月の土日は中山競馬が開催するので、臨時列車が運行されたわけです。
まあ、今日は土曜日ということもあり、競馬マニアぐらいしか使わないのでしょうが(現実にこの列車の利用客は非常に少なかった)、明日の日曜日は年内最後のGIレース有馬記念が行われることもあり、かなりの混雑が予想されます。

そういうわけで臨時列車が出ているわけです。

で、1本見逃して、その列車に乗ってきました。
ちなみに、こんな表示が。

各停 15:41 新松戸
この列車は臨時列車です(スクロール)

電車が入ってくる時も、
「まもなく、1番線に、列車がまいります」
だけでした。
その前の府中本町行きは
「まもなく、1番線に、8両編成、各駅停車、府中本町行きがまいります」
とまあ、詳しい放送をするのですが…(これが通常放送)

そして新松戸行きが到着。列車は103系。運用番号は不明。
新松戸という方向幕は初めて見ました。

新松戸に着く際に「次は~終点新松戸です。常磐線、武蔵野線南越谷、府中本町方面はお乗り換えです。車内でのお忘れ物ないようお気をつけください」なんてアナウンスも聞いてちょっと新鮮だったり。

新松戸からは回送で、南流山の中線を利用して折り返します。下りの臨時は乗りませんでしたが…。新松戸駅で方向幕が回送まで回転させていたので、珍しい南越谷行きの幕があったり、いまだにむさしのドリームと書いてある幕があったりしました。

新松戸行きは中山競馬場臨時でもたった2本しか運行されません。
乗れた俺はラッキーだったのかも。
スポンサーサイト
別窓 | 鉄道の話題 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<中山競馬場臨時列車に乗る その2 | 通り雨 | ライブに行ってきました>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。