通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

イラストの意味

俺はライトノベルを読むことが多い。
一般にライトノベルというのは、少年・少女でも読み易いよう、比較的軽めの文体で書かれている小説のこと、なんて言われている。

また、ライトノベルとイラストは切っても切れない関係にある。文学的作品に比べてイラストも多いのが特徴の一つで、イラスト無しで発売された作品は今まででごくわずか。イラストが好きで小説が売れるなんて事もある。

その中でちょっとした事件が起こった。

シリーズ最終巻でのイラストレーター降板&最終巻だけイラスト無しでの発売

そのシリーズはMissing(電撃文庫・甲田学人著)で、12巻までのイラストは翠川しんさんが担当。

このシリーズ自体、俺は読んでいないのですが、全13巻という考えれば人気があったのだろう。イラストは当初は叩かれている面もあったが、翠川さんが他のシリーズのイラストをやっていなかったこのもあり、シリーズが続くにつれてあの絵=Missingという公式が成り立っていた。

そんな中での最終巻のイラストレーター降板。
一体何があったのかは当事者しか知る由は無いけれど、1巻だけぽっかりと穴が開いたような作品の発売。

ホラーというジャンルゆえ、イラストが無くても文章でも十分に怖さは伝えられるだろう。色々な書評を見る限り、そういった見方もあることは事実。ただやはり、俺はイラストがあってのライトノベルだと思う。

俺自身、イラストレーターでライトノベルを買うこともある。特に今まで買ったことのない新人作家とか。そういった意味ではMissingはもう評価の決まった作品であり、イラストレーターのあるなしで買う買わないを決めることはないと思われる。最終巻ならなおさら。イラストが無いことによって悪影響が出るかといえば、売上面では出ないだろう。ただ、これから。文庫編集部がいとも簡単にイラストレーターを切るようなら、ファンは確実に減っていくだろうと思う。今回のことにしても、やっぱイラストが欲しかったという声もあるし。

このようなことは二度と無いほうが良い、そう思う。
スポンサーサイト

別窓 | ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<6つめ | 通り雨 | 最近のこと。>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。