通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

旅行記 2005春-2:3月17・18日

行ったところの感想でも。写真が公開できたら良いのですが、面倒なのでやりません(爆)てか、ブログではどうもやりにくそうなので、ホームページ作った方が早いのかも…、なんて思ったり。

3月17・18日


・ムーンライトながら
夜行列車に乗るのは初めて。意外と疲れるものだね…、と思った。電気が消されないので車内は明るいまま寝ることになるし、自由席になれば(小田原から自由席だった)客が乗ってきて、その横で寝ることになるのだからなぁ。立ち客の人はもっと大変だろう。次回行く時も絶対指定券はとらないとな。

意外だったのが、三島・沼津辺りでは終電として利用されていることだろうか。指定券買ってわざわざ乗り込んできた客もいたほどだ。

長時間停車するのは浜松・豊橋。浜松の方が降りてくる人が多い。浜松で色々調達すれば豊橋で降りる必要性はないのだろう。豊橋の時は、隣のおっちゃんが爆睡しててそれをまたいででなきゃならなかったので大変だった。

朝は予想以上に寒かった。10℃ぐらいだったかな。岡崎とかでおりて始発を待つのは挫折。名古屋までまったり乗車。名古屋で乗ってた車両が切り離されるので、降りた。大垣まで立つのだるかったし。

・名古屋~大垣~米原~敦賀
名古屋で席取れたので大垣までのんびり行く。ドアの数が関東よりも少ない。椅子、10人がけにはさすがに驚いたが。名古屋から遠ざかるので乗客は少なめ。ま、大垣~米原間は混雑してましたが。高校生の通学時間帯に当たるしね。関ヶ原の辺りにはまだ雪があった。といってもほとんど解けてるけど。でも、ここでみぞれになったのはさすがに不安になったな。
米原で乗り換えた北陸本線は、ドアが手動とか、特急車両を無理矢理普通電車にした車両(食パン列車)とか。下りだったので疋田ループは見られなかった。残念。

・敦賀
小浜線との待ち合わせ間だけ街を歩いてみる。有名どころは気比神宮と気比の松原といったところ。港町なので海を見るのもいいかも。といっても、この日の天気は雨。時々急に雨が強くなったりして大変でした。アーケードの通りを歩いていって、行ったところは気比神宮。平地に有り、決して大きい印象は受けなかったが、立派な赤い鳥居は見てもよいと思う。
ところでおみくじ引いたら「凶」だったのですが…(汗)

・小浜
小浜線内は半分寝てたので省略。
小浜は海のある奈良、とも形容されるほど古刹が多い街。といっても、俺はあまり回れなかった。中心部で迷ってたんで(爆)。天気は微妙。雨は時に降ったり。
小浜といえば、八百比丘尼の終焉地、としても有名なんだそうだ。人魚の肉を食べた比丘尼は、八百年生きた後、小浜の洞穴に入って息絶えたんだそう。小浜港の近くには人魚の像が建っていました。ところで、八百比丘尼って「やおびくに」と読むところもあれば「はっぴゃくびくに」と読むところもあるんだそうで。へぇへぇへぇ。

・丹後神崎~丹後由良(北近畿タンゴ鉄道)
この区間の由良川鉄橋はマジお勧め。水の上を電車が通っているような錯覚になる。大雨きたら速攻止まりそうだけどね。

・天橋立
日本三景の一つ、天橋立。あれ、意外と長いのね。駅から反対側の岸まで歩いたんだけど、40分強かな。4kmあるかないかぐらい。健脚の人は良いけど、必ず途中でだれます。そんな人には船もあるので、そっちを利用したほうがいいかと。バスは遠回りなので。天橋立内は松林と砂浜がほとんど。結構鬱蒼としてて夜歩きたくないね。といいながら、今回は夜に歩く羽目になりましたが。船が17:00ぐらいに終わってしまうので、帰りにはくれぐれも注意しましょう。展望台へ登って帰ってきたら船終了で泣く泣く歩いて帰ってきたんで。また、笠松公園展望台に登るのもケーブルカーは16:30までで、行ったら終わってた…。登れなくはないのですが、かなりきつい上り坂と階段なのでマジに疲れます。結局無茶苦茶体力使ったな。ここ。

次回は城崎温泉からです。
スポンサーサイト
別窓 | 出かけてきました | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<総武緩行線・津田沼駅信号故障 | 通り雨 | 旅行記 2005春-1:行程>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。