通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

まぼろし

13日からサークルの合宿で長野に行ってました。

その13日にGARNET CROWの新曲「まぼろし」が発売されていたんだけど、前日バタバタしてたのでフラゲできず、結局買ったのが帰ってきた昨日、17日。

早く聴きたくて重い荷物を持ちながらも、わざわざ津田沼のCD店まで買いに行ってしまったwww

このCDには限定で100枚だけ「まぼろし盤」という名のサイン入りのCDが入っているんだけど


IMG_2461.jpgIMG_2462.jpg



買ったのはやっぱり、通常盤でした。

当てるのは難しいですねぇ^_^;


では、曲の感想は続きから。
今回のCDは久々3曲のみの収録。
しかも、カップリングはHoly groundのremixであることから、事実上「まぼろし」だけのためにシングル化されたようなものだ。

急遽ドラマタイアップ(新・科捜研の女)が決まったから、かな。

1曲のためだけに1050円出すのも中々痛い出費では有りますが。
ま、好きだからいいかなーと。


1:まぼろし

「籟・来・也」以来のバラード曲。
途中のバイオリンが非常に印象的。
バラードにしては割とテンポ早めかなぁ、と。

しかし、やっぱこういう曲調の方がGARNET CROWらしい感じがする。
由利っぺの声の性質かなぁ。女性にしては低いですしね。

あと、やっぱ七さんの歌詞。

幼い日々にみてた夢の中に もう辿り着けないこと何処かで知ってる

日々が何かを知る為だけに 毎日を暮らし 時を重ねてゆく様


どこかそういう思いがあるから、共感できるんだよなぁ。
日々に追われすぎている、ってこともあるんだろうけど。でも、それが何になるのか、何なのかというのはさっぱりわかんないまま。
考えさせられる歌詞です。


2:Holy ground ~just like a “dejavu” arr.~

2nd Alに収録されている「Holy ground」のリアレンジバージョン。
何故かこの曲は人気が高く、ライブでも定番の曲になっている。
原曲はめちゃくちゃ暗い曲、ってイメージがある。

今回アレンジを担当したのは葉山たけしさん。
GARNET CROWでは古井さん以外がアレンジすることはほとんどないので、葉山さんのアレンジは初だ。

原曲に比べピアノ旋律になっていて柔らかい曲調、若干明るめな曲調になっているのが特徴。由利っぺの声が十分に堪能できる。

しかし、今更この曲を持ってくるとは
・・・ドラマの中で使ったの?

良く分かりません。


が、満足した1枚でしたw

10月4日にはアルバムが出るのでめっちゃ楽しみ!!
スポンサーサイト
別窓 | 趣味の音楽 | コメント:0 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<声バトン | 通り雨 | 箱根旅行記>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

明日リリースの,GARNET CROW の新曲 「まぼろし」(1050円)をフラゲ(フライングゲット)した。 …
∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。