通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

著作権料って?

JASRACという団体をご存知でしょうか。
正式名称は社団法人日本音楽著作権協会。日本国内の作詞家、作曲家などの権利者から著作権の管理委託を受けている団体で、使用料の代理徴収も行っている。

この団体に関するここ最近の話題といえば、

生演奏をするバーがJASRACに使用料を払わなかったので、著作権侵害として訴え逮捕された。

昨年11月に逮捕された経営者は既に判決が出ており、懲役10ヶ月(執行猶予3年)の有罪となっている。(→JASRACプレスリリース

まあ、ここだけを読めば、ああ、特に普通だなと思うのだが。

難点なのはここの経営者が70歳を越している老人であるということ。大々的にやってるわけではなく、まあ、いわゆる下町のバー感覚で、内輪+αぐらいで楽しんでたということ。の2点から、逮捕はむごすぎるという同情的な声が上がっていた。

まあ、15年も無視してたんじゃどうしようもないかもしれませんがね。


でも、不思議なのは
著作権料ってどうやって決められてるかさっぱり俺らが知らないんですわ。


そもそも著作権というのは

著作者が自己の著作物の複製・発刊・翻訳・興行・上映・放送などに関し、独占的に支配し利益をうける排他的な権利。著作権法によって保護される無体財産権の一種。原則として著作者の死後50年間存続する。
(goo 国語辞典より

ということになっている。

じゃあ、著作権料とは何かというと。

その著作物を使うのに必要なお金。といったところが妥当でしょう。

例えば、作曲者A君が良い曲を作りました。
これは著作物ですから、著作権はA君にあります。

そこにB君という人が目をつけて、
「この音楽をCDに焼いて売れば儲かるぞ」と。
で、B君はCDを売り出しました。
そしたらそれなりに売れたので、B君の元には収益が転がり込んできました。B君はウハウハです。

しかし、これではA君が納得しません。
俺が作ったものを勝手にCDに焼いて売って利益を得るなんて、著作権侵害だ!!」と怒るわけ。

で、B君は「収益の一部を分けるからこれで勘弁してくださいm(__)m」と頭を下げるわけで。まあ、売って広めてくれたB君にも一応の報酬は与えるべきなので、全額は持っていけないでしょう。

この、B君がA君に渡したお金を著作権料、というわけで。
A君の請求によっては、多くもなり、少なくもなるはずだ。


まあ、このブログにも一応著作権があり、著作者は俺であるから、このブログを勝手に出版して利益を得ている輩がいればそれは、俺が著作権料を分捕れるわけですよね。まあ、現実そういう奇特な人はいませんけれど。

で、まあ、人というのは欲深いものですから、取れるところからは沢山取っておこうとするわけです。つまり、著作権料は高くなる方が多いですね。しかし、これじゃあ問題になった時に解決しない、ということでJASRAC等の団体が設立され統一基準を作ったわけです。
有名人の音楽を使いたいという人は山ほどいるわけですから、交渉も大変になるので、交渉もJASRACにお任せください、となっている。その代わり、著作権はコッチで預からせていただきますよ。ということで。

この、著作権預かりが大変なことになっていて。
著作者自身が使いたいのに、JASRACから使用料を払え、と言われることが起こりうる。てか、コンサートとかやってるのも全てJASRACに届け出て金を払っているっぽいから、たとえ自分が作詞作曲した曲を演奏するとはいえ、JASRACに登録したら使用料を払わなければいけないようだ。普通に考えたら、著作者は著作物を自由に使って良いはずですが・・・?


また、最近は版権、版権うるさいもので、そこに目をつけたようにJASRACはどんな条件であろうと使用料を払え、使用料を払えと言い出しているらしい。

で、この使用料はちゃんと著作者に行ってるかといえば、謎。
あの、会計報告書がないんで何とも言えないんですが。まあ、でも、全額回ってないという噂もありますし、透明性を高めることは必要なんではないかなと思う。


なんつーか。
このJASRACという団体は、ただ金払え金払えだけで。
著作者の著作権を預かっている、という意識が低すぎる気がする。
それ、どうなってるの?っていうのが余りにも国民に伝わってなさ過ぎる。
国民の年金を預かっている、という意識が低い社会○険庁みたいなものでしょうか。


こんなことやってると、こういう管理団体というのは信用が置けないですよね^_^;
もう少ししっかりして欲しいものです。


参考:
JASRACを「料金徴収団体」と称したFLASH


 日本音楽著作権協会、略してJASRACについて各種事例を挙げて「料金徴収団体」と称したFLASH動画「すごいぜ!JASRAC伝説」が、話題となっている..........
≪続きを読む≫
スポンサーサイト
別窓 | ふと思ったこと | コメント:3 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<より高値で、より危険で、より低性能なもの | 通り雨 | ICカードチャージ機>>

この記事のコメント

JASRACってそんなめちゃくちゃなことやってるのか……

赤文字2回目
随分と矛盾した制度なのね。
2007-02-08 Thu 13:34 | URL | 国仲 涼太 #hkGbDN1U[ 内容変更] | top↑
この団体、大嫌いです(^^;)。

払ったお金が応援しているアーティストにきちんと払われないなんて……。
2007-02-08 Thu 15:27 | URL | M-T #-[ 内容変更] | top↑
>国仲さん
JASRACのページを見て、ライブには届出が必要、ってあってちょっと???と思いました。謎だ。。。

>M-Tさん
まあ、全てが払われるとは思いません(交渉の手数料とかあるので)が、どれぐらい払われているのか、その辺が見えてこないとまだまだ叩かれる気がします。
うーん、基本的に出ているCDの邦楽のほとんどはJASRAC登録楽曲なので膨大なデータがあり、出せる状況にないということもあるかもしれませんが。。。
2007-02-08 Thu 23:09 | URL | しのぽん #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。