通り雨

何かと忙しい理系院生の日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

枷というものが無かったら…

枷(かせ)
2 心理的、物理的に行動の妨げになるもの。
(yahoo!辞書より)

生活をしていく上で枷になるものは多い、と思う。
例えば終電の時刻。
東京近郊に住みながらも、大学から帰るには11:30の電車に乗らないと自宅の最寄り駅には到着しない。
正直、まだまだ遊んでいたいと思っても帰らなければならないときは辛い。まあ、大学周辺で一人暮らししている方が多数派なので、一人だけ帰らなきゃいけないのはなんだかなぁ…と思うことも。かといって、あんまり迷惑もかけられないしね。

他にも、金の問題とか、俺の場合は車1台を3人で使うので使う回数が非常に少ない。親が車に関しては絶対的権力を持っているので。(うちの親はそんなに乗りたいなら自分で金出して買いなさいと言う)
バイトも塾講師という性質上、毎週同じ時間帯に働くことになっている。

自宅での暮らしには満足して無くはないんだけど、正直枷という不満点はある。それらが無くなったら俺はどんな風に生活していくのだろうか。

今よりいい生活が出来るだろうか?
……まあ、その可能性は否定できなくはない。

ただ、思いっきり堕落した生活になりそうなのは目に見えている。都心近くに住みながらも地元からそうめったに出ないし。てか、生活するんだったら田舎でのんびり暮らしたい派なので実際問題あんまり枷が取れても、かえって何して良いかわらなくなって引きこもっちゃう可能性も無きにしも非ずなんだろうなぁ。

結局、今の生活にしとけ、ということか。
ただ、終電はせめて12:00に…
スポンサーサイト

別窓 | ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<機種変更☆ | 通り雨 | 我孫子の名物>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| 通り雨 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。